自宅に居ながらにしてにして完結。確定申告書第一表の控を再発行する手順をご紹介

私を含めて、郵送で確定申告を行っている方の中で、
持続化給付金申請の際に、確定申告書第一表の控に収受印がない
あるいは確定申告書第一表の控そのものを紛失してしまった。
とお困りではありませんか?
実はこの記事で紹介する手続きを実践すると誰でも簡単に
自宅に居ながらにして、必要書類をそろえることが出来ます

なぜなら税務署は各種申請を郵送でも受け付けているからです。
この記事では郵送での申請手続きの手順を順を追ってご紹介します。
この記事を読み終えると迷わずスムーズに申請手続きが終了し
自宅に居ながらにして確定申告書第一表の控をそろえることが出来ます。

用意するもの

  1. 保有個人情報開示請求書
  2. 300円の収入印紙
  3. 本人確認書類のコピー(免許証など)
  4. 住民票
  5. 返信用の切手(94円)

保有個人情報開示請求書の記入例

氏名 ご自身の氏名
住所または居所 ご自身の住所

開示を請求する保有個人情報 必要な年の所得税の確定申告書B第1表
求める開示の実施方法等 写しの送付を希望するにチェックを入れる
手数料 300円
本人確認等 本人にチェックを入れる
請求者本人確認書類 確認書類の項目にチェックを入れる

収入印紙に消印はしない

まとめ

普段、郵送で確定申告をしている場合や、
万が一、確定申告の控えを紛失してしまっていても
ごく簡単な手続きで、持続化給付金申請に必要な、
確定申告書第一表の控を準備することが可能です。
このサイトを参考に、自宅に居ながらにして
簡単に申請書類をそろえることが出来ますよ。
ぜひお役立てくださいね。