FX攻略法。世界に誇る日本初のローソク足チャートの読み方を大攻略します。

外国為替市場である外国為替証拠金取引(FX)に関して、考えてみます。

外国為替証拠金取引とは二つの異なる国の金をトレードしてその二つの差額の利益を受け取るという仕組みです。

こうした両国のお金の中で発生する儲けをスワップ金利をいうのです。

このようなスワップ金利のことは本来はスワップポイントといわれているみたいです。

FX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利は、毎日でももらえますがしかし、その為替の変わり方でわからないようです。

こんな風なFX(外国為替証拠金取引)のスワップポイント(スワップ金利)を取得することが目的で、外国為替証拠金取引の為替取引をしているみなさんも多数います。

スワップ金利は、業者それぞれに違いがあるためほんの少しでも差益金額が高い業者でやり取りしたいものですね。

ただしスワップ金利は為替のレートが変わってしまうと変動してしまうので注意しましょう。

併せて、為替取引を行う際は図を読める力が大事になるのです。

このチャートを読み取れると、為替の相場の動き方を読む事が出来るようになるようです。

外国為替取引を初めてやる人が見た場合、いったい何の図?と不思議に思えてしまうでしょうが重要ポイントを知っておくことでチャートが理解可能になるのです。

どのタイミングで日本円が上昇しているあるいは下降するだろうというように、このタイミングが一番円安だとこの図表によって判別が出来て為替取引をやる際はかなり大切な情報となるはずです。

ここで言う図は、日本では一般的にローソク足が使われるのが普通でその名前の通りローソクの形のようなチャートで表されているのです。

このローソク足は高値と安値また終値と始値を表されていて図表では多種多様な形状となっています。