世界の三大通貨。ドル円ユーロと基軸通貨について解説します。

FXの投資をする上での的は、世界各地の流通通貨なのです。

流通通貨に関して勉学に打ち込んでいこうと思っています。

・流通通貨には「基軸通貨」という呼び方で称されているものがございます。

基軸通貨というのは、国と国での決済において金融の取引に関して主に使用される流通通貨のことであり、現状では$(アメリカドル)になります。

往年は£(イギリスポンド)基軸になる通貨だったのですが第二次世界大戦後はアメリカドルになるに至ります。

・FXにおいてやり取り可能な通貨の種類に際しては、他の外貨での投資と比べてみると非常に多いというのが特性です。

FX企業により公式貨幣の種類は変わっているのですが、平常では約20種類ある様子です。

その中で変動が大きくなっている公式貨幣を、メジャー通貨と言います。

動きが大きくなっているというのは、やり取りが多くやられておりまして公式通貨の商売がしやすいことです。

主流の通貨には上記にて基軸の通貨と呼ばれる$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、¥(日本円)¥(円)、EUROの3種の貨幣があげられ、世界の3大通貨呼ばれております。

英ポンド、豪ドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と呼ばれております。

これら貨幣以外の流動性が低い通貨においてはマイナー通貨と呼ばれて、国の力や経済における力が比較的弱い国の公式通貨で、南アフリカランドやシンガポールドル、ポーランドズロチ、トルコリラなどがメジャー通貨においては流通しておる数量が多量なという事もあって、値の乱調が堅調で、情報の数もたくさんあるそうです。

マイナー通貨においては利子の面で高値な通貨という事が多く、値動きがすごいそうです。

値の乱調がすごいいうことは絶大なもうけを入手するチャンスがあるのですが儲けがある分危うさも大きくて不安定です。

重ねて動きが低い貨幣ですから、フィックスしたいと思っている時に限って出来かねるかもしれない事があるので気をつけましょう。

どの通貨を選ぶかは、各々の流通通貨の特性をじっくりと検討してから実践する事は大事であると思われます。