キャッシングでお得な利率で借りられる攻略方法をご紹介。必勝法を徹底的に解説します。

ローンキャッシングした際、返済自体をする時には利息を上乗せした支払いになるのは誰もが知っていると思います。

キャッシング会社は収益を目当てとした企業なのですから無論問題ありません。

そうはいってもお金を返す方は、少しでも少なく支払いたいというのが心中でしょう。

利息制限法が定められる以前は年率30%近い利子を払っていましたが、施行後は高利率でも年18%位と随分低く設けられているので、とってもリーズナブルになったと思います。

最近のローンキャッシングの利子枠は4%位から18%位の幅に定められていて、利用上限額により決められます。

利用限度額は申請者の査定によって左右されます。

総量制限により収入の1/3までと決められていますので、年の収入がいくらなのか?どんな職業についているのか?カードローンの利用履歴はどうなのか?等が確認され与信限度額としてカードの内容が決まります。

カードキャッシングの場合利用可能額が10万円~800万円(各業者でサービスは同じではありません)と広い幅があります。

そしてその枠の中で決まった使用可能金額により金利も決まってしまいます。

50万円なら年率18%、300万円なら年12%、800万円なら年間4%といった数値になります。

結局、信用度が良ければ、与信限度額も上がり、利息も低くなるはずです。

この金利に矛盾を受けるのは自分だけでしょうか?余談となりますが、カード会社にとって、これらは当たり前のはずですが、収入の良い人がキャッシングが不可欠と考えずらいですし、万一ローンサービスを利用したケースでも金利が多かろうが少なかろうが返済に苦労する事はないでしょう。

反って一年の収入良くない人は咄嗟に必要だからキャッシングする方が多く、利率が高いとお金の支払いに困るようになります。

ですから利用可能範囲の少ない人にこそ低金利で使用できるようにする必要があるのではないでしょうか。

これは活用するサイド側としての考えとなります。

これらの事を考慮すると、利息を低くする為にはどのようにすれば良いのか漠然と感じたと思います。

現にこのようにして手続きを申し込む人がほとんどなので説明しますと、キャッシングサービスの手続きをする際、収入の1/3ぎりぎりの金額まで申込みの手続きをするのです。

年収600万円なら200万円。

申込みのカードローン審査で全額通ればその分利息が低いカードを手にすることができます。

と言って全額使用しなければならないという事はありません。

5万円でも40万円でも必要な分だけ使用可能です。

さらに最高利用可能範囲が300万円で最低利息年率7%位のローン会社もあるのです。

そちらを申請すればその企業の最低利子で返済できるはずです。

どう思いましたか?やり方次第で低金利のキャッシングカードを持つことが出来るのです。

自らの年の収入とカード会社の設定を比べて、考える事さえ怠らなければ、より良い契約で借りれるため、面倒だと思わずチェックするようにしなければなりません。